Inkscapeでトンボ(プリントマーク)を設定!

スポンサーリンク

 

どうも、ハザマです!

今回は、イラストレーターの無料版と呼ばれることもある『Inkscape(インクスケープ)』でのプリントマークの設定方法を紹介します。

 

プリントマークとは印刷範囲を決める印のことで、トンボマークとも呼ばれています。

 

この記事では、デザインの中央位置を示す「センタートンボ」も作成しました。

センタートンボについてはInkscapeに自動設定機能が無かったので、強引に作成しています^^;

 

以下の記事でのデザイン作成に利用しました☆

プロフィールブックをDIY! どうも、ハザマです!今回は、僕が自分の結婚式で自作したプロフィールブックの作り方を紹介したいと思います! デザインはInkscapeというフリーソフトで作成し、印刷はネット印刷業者のプリントパックに依頼しました♪ ...

 

以下の手順では「見開きA3サイズの冊子を作る」という目的でページサイズ等を記載していますので、それぞれご自分に合った内容で設定してください♪

 

ページサイズを設定する

ページサイズを【A3】【横】に設定する。(横420.0mm×縦297.0mm)

 

デザインサイズを設定する

A4サイズ(横297.0mm×縦210.0mm)の矩形を作成する(見開きでA4サイズとなるため)

 

プリントマーク(トンボ)を設定する

作成した矩形を選択した状態で、ツールバーの「エクステンション」→「レンダリング」→「レイアウト」→「プリントマーク」の順で選択します

 

マークの種類を選択する

『マーク』タブでは、以下の項目を選択しました。「ページ情報」をチェックしておくと、ページサイズが常に表示されるようになります。

印刷範囲の外側に設定されるため、お好みでかまいません。

『位置調整』タブでは、以下の様に設定しました。

『適用』をクリックすると作成されます。

 

以下のようにプリントマークが出来上がります。

 

センタートンボを設定する

見開き冊子にする場合は、「どの部分で冊子を折り曲げるか」の情報が必要となります。

Inkscapeではセンタートンボを設定する機能が無いため、下図のように自分で描きました(笑)

 

今回は再現のために適当に描きましたが、実際にはもっと正確に、端から長さを測定して中央位置に設定しています。

以上が設定の手順です。

センタートンボも、自動設定機能が付くといいんですけどね~^^;

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください